どこに行ってたの!? 我修院達也失踪事件

gasyu

旧芸名は若人あきら。
郷ひろみの物真似で人気者だった彼だが、20歳前後の人には「千と千尋の神隠し」では金に目がない青蛙、
「ハウルの動く城」では火の悪魔・カルシファーの声優と紹介したほうがわかりやすいかもしれない。
その我修院が1991年、こつ然と姿を消した。
家族を含む6人グルーブで静岡県熱海に観光に出かけた際、我修院はひとりで釣りを始め、夕方、家族が迎えに行ったところ、我修院の姿はなく、釣り具や所持品だけが残されていたという。

失踪、狂言説

海難事故の可能性を視野に入れ、警察と消防が合同で捜査を開始。
3日後に発見されたのは熱海から30kmはなれた小田原であった。
海に落ちたと本人は証言したが、衣服から海水反応は出なかった。
そのほかの本人による証言も化学反応と異なるため、医師は「一過性の全健忘症」と診断し、
「我修院達也・記憶喪失」の文字が新聞やテレビに踊る一方で、失踪失敗説や注目を集めるための狂言説までささやかれはじめたが・・・。

拉致説

ある週刊誌で某国による「拉致説」ではないかという推測のもと、記事が発表された。
熱海の海岸で拉致現場を目撃してしまい、口封じのために連行されたが、なんらかの交渉を経て小田原で解放された。
もちろん、交渉条件はついていただろう。
それが家族や周囲の人間へ危害が加えられるものだとしたら、証言はつじつまがあわないものになって当然である。ちなみに我修院本人はこの仮説を否定するコメントを発表している。

記憶を失っていたのだから、覚えているわけがない・・・ということにしておくしかない。
真相は藪の中。

ReXg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>