アメリカ・ジョージア州 みなが死んで行く 呪いの石柱

オーガスタ
ジョージア州リッチモンド郡オーガスタ市。
メインストリートに1本の巨大な石柱がある。
「なぜここにこんなものが?」と何も知らぬ観光客なら思うような場所だ。
高さは3m弱程度。地元住民は誰もがこの石柱の「意味」やなぜここに存在しているかを知っているし、ドライバーも歩行者も避けて通るという。
果たしてこの石柱が意味するものとは・・・?

多くの奴隷たちが命を奪われた石柱

19世紀以前、ここには奴隷市場があった。
奴隷たちは品物のように売り買いされ、過酷な労働を強いられ、容赦なく命を奪われていた。
少しでもミスをしたり、反抗的な態度をとると、複数の白人たちがムチで奴隷を叩く日々。
その際、この巨大な石柱の上に立たせて、いたぶるのだ。
多くの奴隷たちがこの石の上で命を奪われたという。

食中毒死、圧死、心臓発作・・・etc.

奴隷制度が廃止された時、白人たちの悪行を戒める碑としてこの石柱を広場に移動しようという話が持ち上がった。
石を移動する日、移動作業をする工員2人が食中毒で死んでしまった。
その翌日、新たに工員2人を決めて移動を開始すると、石が倒れ、1人は下敷きになり、もう1人は心臓発作を起こして死んでしまった。
作業にあたるはずの4人全員が死んでしまったのだ。

作業員すべてが死んでいく

「奴隷たちの恨みがこの石にとり憑いているのだろう」。
地元の人たちは囁き合った。もう石の移動作業をしようと思う者は誰ひとりいない。
仕方がなく作業の責任者トーマスが、自分とほかに3人を集めた。
作業当日。連日続いていた大雨で街を大洪水が襲った。
4人が石を少し移動した時に、近くの河から水がすさまじい勢いで溢れ出て、トーマス以外の3人は濁流に流された。3人は溺死。
そしてトーマスは肺炎を起こして死んでしまった。

何も知らない行商の男も死亡

時を経て20世紀に入り、都市計画のため、石柱の移動の話が持ち上がる。
またしても、移動作業をしていた2人に雷が直撃、2人とも死亡。
移動は中止せざるを得なかった。
遠方からやってきた何も知らない行商の男がこの石柱に目をつけ、石柱に商品をかけるなどして商売を始めた。
周囲は止めたが、男は何も知らないのでいっこうに気にしていない様子。
数日間は何も起こらなかった。
だが、1週間たつかたたないかのころ、男は原因不明の死を遂げた。

今も残る、
恨みや悲しみが詰まった石柱

その後、この石に車が激突して5名が死亡。
最後に移動の話が出たのは1951年のこと。
移動を引き受けた男は作業にとりかかる前に階段から転落、首の骨を折ったが死には至らなかった。
それ以来、石の移動計画は出ておらず、石柱は今も静かに街に佇んでいる。

ReXg
One Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>