子供が消えた!! 実話だった「ハーメルンの笛吹き男」

hameln_3
グリム童話「ハーメルンの笛吹き男」の内容をご存知だろうか。実はこれ、実話にかなり近い話だったのだ。

物語の内容と酷似した
大量子供失踪事件


1284年のドイツの街ハーメルンはネズミが大量発生していた。
街の人は不思議な笛の音でネズミを操る見せ物をする男にネズミの駆除を頼んだ。
男は街中のネズミ駆除に成功した。
だが、街の人は報酬を出し渋った。
確かにネズミはいなくなったが、家畜や幼児までもがおかしくなってしまったのだ。
男は子供をもとに戻すからという約束で子供たちを一晩預かったという。
そして、翌朝、男と子供たちは消えていた・・・。

教会に残された記述


ハーメルンのマルクト教会のステンドグラスの絵には色とりどりの衣装をまとった笛を吹く男と、白い衣装を着た子供たち。
そして、メッセージにはこう記されていた。

1284年、聖ヨハネとパウロの記念日
6月の26日
色とりどりの衣装で着飾った笛吹き男に
130人のハーメルン生まれの子供らが誘いだされ
コッペンの近くの処刑の場所でいなくなった
一体、子供たちはどこへ消えたのだろうか。

ルーマニアに
労働力として売られた説


ルーマニアの中世の記録「キルヒャーの記録」によると、
「ある日突然、聞いたこともない言葉で話す子供たちが大勢現れた」と書かれている。

少年十字軍として遠征、
奴隷として売られた説


当時のヨーロッパは11世紀末から「十字軍」が何期にも渡り、聖地エルサレムを目指していた。
多くは船を斡旋する商人にだまされて奴隷として売り飛ばされたという。

子供たちの意思で街を出た説


笛吹き男をリーダーとして、子供たちが自ら街を出て東方へ入植し、
自分たちの村を作ったという説。

おまけ


130人の子供たちが失踪したことは事実のようだが、そのほかは仮説や伝聞でしかない。
ただ、現在もハーメルンの法律で定められていること。それは、

「道ばたで笛を吹いてはならない」。
ハーメルンを訪れる際はお気をつけて・・・。

ReXg
One Comment
  1. ブランド品激安卸販売専門店

    よく知らないんだけど、通販はバッグの専門店が行なっているだけで、シャネルとしては通販自体はまだ行ってないですよね?
    言わずもがなトートとか、シャネルのバッグと総称しても色んな種類があるんですけどね。

    スーパーコピー財布
    ブライトリング時計 http://www.newkokoku.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>