なぜ生きている!? 海を漂流して46年 バミューダ発

Bermuda_Triangle

バミューダトライアングルでは不可解な出来事がごまんと起きる。
それも超ド級の、だ。
今回もそんなバミューダ海域で起きた謎の出来事である。

「ここはどこだ!!」

1990年、バミューダ海域で漁をしていた船が、海に漂う袋を発見した。
漁師たちはその袋を海面から引き上げて開けてみた。
人間だった。布にくるまれていた。誰もが死体だと思ったが・・・。
「ここはどこだ!!」男は目を見開き、叫んだのである。

男は63歳の時に
死亡していはず・・・

男は「自分は1926年に死んだはず」と言うのだ。
だが実際、目の前の男は生きている。
「海を漂流して狂ってしまったのかもしれない」、船員たちはそう思い、男を病院に連れていった。
その病院はなんと、その男が最期を遂げた病院だった。
カルテもある。死因はガンだった。
しかも、死亡したのは男が言っていたとおり、1926年で男が63歳の時である。
男の遺言に従って遺体は水葬にされたのだそうだ。

127歳のはずなのに!?

男を海から引き上げたのが1990年。
1926年に死亡したとなると、すでに64年の時が経過していた。
なのに、男は死亡した時(本当は死んでいなかったのだが)と同じ63歳の風貌なのだ。
生きていたとすれば(しつこいが生きている)、127歳のはず。
水葬にされたあと、息を吹き返すことは絶対にありないとは言えない。
だが、時の経過はどうだ!? 
衰えず、飲まず食わずで海を64年もの間、海を漂流できるわけがない・・・はず。

どうにも説明がつかないことが起きるのがバミューダ海域なのだ。

ReXg
One Comment
  1. knkjbiufyijbixtjivrtsftjkbyfxtdgyxrsscyfyufxsvjkbjiblnkobuifchubivyuduggjibhyfsrefxjhboiopnhigxgkhjiydtvibyfxresjyblkbyudrestyvuhoojoinonjivgcawerdyfctucutctuctufiuogigifwosdjiddodghrfaiawrfjoiserfksfvzsfniozdfjizffhsdffohsdfjseffohseibefiossfcjiossdcozsfchiossfchssdcihsdfviohsfevionfsdviasfcnioasfcbioawfchawfciohssfvuhgsevujdrgbojdrgbirghvidfghofehefijefcoincsnocjoisdfbiosfciodfschusdfbdvs ihsefvhhfirfwojsdfijpospaouawiejawjhxjshdjidpjsdcojvfipjddfvipjdffipfdgvjiofdfvjiordgv

jlojih sg にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>