【旅行】ビザってなんだっけ?? 優遇されている日本

passport
海外旅行の際、必要なのはなんといってもパスポート!! 
これさえ肌身離さず持っていれば身分証明になるもんね。
・・・あれ? 学生ビザとか就労ビザとか言うけれど、あれってなんだっけ??? 
ハワイに行く時、そんなもの必要なかったけど、、、という平和な日本の不思議について調べてみた。

日本人はノービザで
入国できる国が多い

ビザとは日本語で「査証」。
言い換えると「入国許可証」だ。
入国目的や滞在日程で異なるが1週間程度の観光旅行であれば、日本国籍を持っている人なら多くの国へノービザで渡航できる。
日本の安定した情勢、経済力が裏打ちしているので許可証なしで入国できる外国が多いのだ。
これが「強いパスボート」と言われるゆえんだ。
(長期留学には学生ビザ、仕事をする際には就労ビザが必要なので、観光旅行以外の目的で渡航する際は必ず調べて行くこと!!)

オーストラリアとインドは
ビザが必要!!

経済状態、戦争などの治安の問題などでビザが必要な国もある。
では、ビザが必要な国とはどこか? 
意外なのがオーストラリアとインド。
旅行者が多いアジア圏のネパール、ミャンマー、カンボジア、スリランカなどもビザが必要なので、渡航の際は必ず調べて行くことをおすすめする。

おまけ1

ビザの取得はその国の大使館、領事館で申請書を入手できる。
申請時にパスポートの残りの有効日数を確認されることもあるのでご注意を!! 

おまけ2

オーストラリアに入国の際、ビザは必要だが、現在はETAS(イータス/電子入国許可証)が導入されているので、パスポートを提出することなく自宅からインターネットでビザを申請できる。

ReXg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>