超大陸が出現する?! インドプレートが確実に動いている・・・。

4月25日ネパール中部で発生したM7.8の地震による被害は、未だ収束する様子を見せません。
ネパール語でサガルマータ、「世界の頂上」と呼ばれる山を形成したエネルギーは、かの地に今だに働きかけているのです。そして今回の地震により、インドプレートが確実に動いていること、それに伴い地球上に超大陸が再び出現する問題が浮かび上がったのです。

地表が動いているのはご存知かと思いますが、その地表を押し上げて(プルームと呼ばれている)移動、巻き込む力が地球のコアから上昇(もしくは下降)して います。スープなどを温めた時の対流の動きと同じものを、地球内部のマントル(深さ2900キロに達する)全体がしているのです。
マントルの動きから温度を計算、その結果、アフリカ大陸の真下や南太平洋を引き裂いている上昇流(温まり上がるもの)、アジア大陸の下に下降流(冷えて沈むもの)があることがわかりました。これらは細い流れが複数合体し巨大なものに成長したのです。

今のところ、パンゲア・ウルティマ(最後のパンゲアの意)大陸(アフリカ大陸に南北アメリカ大陸が合体、オーストラリアは合体しない説)や、アメイジア (アメリカ+アジア)大陸(アフリカ、ユーラシア、アメリカ、オーストラリア各大陸が合体する説)などが数億年後に起きると唱えられています。
地球上には以前にも巨大な大陸が存在しており、約18億年前(ヌーナ大陸)、10億年前(ロディニア大陸)、3億年前(パンゲア大陸)、パンゲア大陸が7大陸に分裂し大西洋が生まれたのはそれから1億年後とされています。その時の中心はアフリカでした。

パンゲア大陸では、動植物の個性が均一へ向かったり海洋生物の多くが絶滅、地球内部からの流れが巨大になり火山活動が頻繁に起きたという報告がなされています。

人類はこの結末を目にすることが出来るのか、それとも早い時期に淘汰されてしまうのでしょうか。

ReXg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>