古代ギリシャ彫刻はなぜ白いのか?それには理由があった!

高度な文明で栄えた古代ギリシャ。その完成度の高い彫刻はアジア・アフリカの影響を受けて作られました。この事は250年程前までは当然のように知られていました。なぜなら彫刻に極彩色の跡がはっきりと残っていたからです。
しかし、現在我々が思い浮かべるものは、全部白。磨かれた大理石のなめらかな肌の白さしか目にしません。
一体なぜなのでしょう。
これは情報が操られ、白くあるべきだと洗脳された結果、起きてしまったことなのです。

18世紀にイタリアのポンペイ発掘で古代文明・彫刻がブームになります。
そこで美術史家ヨハン・ヴィンケルマンは、古代ギリシャを極端に理想化し模倣すべきだと説きました。古代ギリシャの彫像が極彩色だったのを知っていたにもかかわらず、白く純粋で高度な文明だと発表したのです。
ちょうどこの頃は産業革命が起こり、西欧は世界で優位に立つ為の根拠を強く欲していました。そこで崇高な文明を持っていたと主張、古代ギリシャは白い文明だったと教育していったのです。
さらに決定付けたのは、19世紀に入り白が大流行したことにあります。理由はヴィクトリア王女の結婚。彼女の純白のドレスが流行の発端でした。
白い古代ギリシャ彫刻。美術品収集家・画商で当時の大英博物館スポンサーのジョゼフ・デュヴィーン卿はパルテノン神殿から削り取られた彫刻を白くするよう洗浄しろと指示を出したのです!大英博物館に収蔵しているオリジナルの貴重な彫刻を傷つけろと!!
それは学芸員の知らないところで行われたということです。この件は新聞に取り上げられスキャンダルに。結果、職員数名が解雇になりました。
あの艶かしい肌は近現代に磨かれたものだったのです。

これは、自分たちの文化を正当化し、完璧な理想を現したとされる古代ギリシャ彫刻の大理石は白い、という作られたイメージが独り歩きをし、来館者の期待に応えようとした結果、起きた嘆かわしい事件なのです。

もしかしたら私たちも、イメージを植え付けられ、その期待に応えるように何者かに扇動されているのではないでしょうか。情報弱者との格差が騒がれる現代、あなたの今夜見る夢は誰かに決められているのかも知れません。

ReXg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>