「スタンフォード監獄実験」 囚人・看守役になった被験者たち。

1971年「スタンフォード監獄実験」なるものが米海軍の元、スタンフォード大学心理学者フィリップ・ジンバルド博士を中心に組織、同大学の行動を刑務所に見立てて行われました。
新聞広告により集められた健全な被験者たちを、無作為(コイントス)に囚人・看守とにわけ実際の刑務所と同等の環境下で、2週間を過ごすという内容でした。
有名なこの実験をご存知の方も多いかと思います。模倣刑務所は本当の刑務所さながらの情況を呈し、服従と支配管理、反発と強制の構造が出来上がり、一般市民であった彼らは見事に非日常に順応していったのです。
今回注目するべきは、加速していった管理体制に、最終的には囚人たちが従った、という点です。途中離脱を訴えた囚人もいましたが、看守達は解放を許さず、 実験から解放されないように研究者に説明をしていました。他の囚人たちも離脱を求めましたが。看守達は許しませんでした。
実は、実験開始から6日目で実験が中止されるまで、時折家族や友人、牧師が面会に来ていたにも関わらず、苦情を申し立てるものはいなかった、といいます。
これは、「この状況、自分たちの主従関係を守った上で解決しなければならない」というロジックから抜け出せなくなった結果なのだと結論づけられています。

この「負のロジックにハマる現象」は現代の貧困やDVに当てはめることは強引でしょうか?
誰に相談するべきか、相談することすら選択肢にない。
また、状況から抜け出すことすら出来ない・しないのはモチベーションが低いのではなく、モチベーションを設定する事を放棄しているのではないでしょうか。それは社会的動機づけの前に生理的動機づけを失った結果といえるでしょう。
極論。支配されたくて支配させている、という構図を作り上げる人。絶対いないと言い切れますか?

忘れてはいけないのは、全てを放棄しているのではなく今の状況から抜け出したいと思っている人もいる事、個人差もあり一括りには出来ない事、誰かに相談を するだけの労力も残っていない人、更に「スタンフォード監獄実験」同様どこまでが自分の許容範囲かわからなくなってしまっている状況。この真綿で首を絞め られている状況に気づいていない事も…。

ReXg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>