寒暖差アレルギーとは?!その症状風邪ではなかった?

ある日突然、鼻水が止まらない。「花粉症かな?」
目は痒くなく、くしゃみも出る。「風邪なのかな?」
最近では、こんな症状を「寒暖差アレルギー」と呼んでいるようなのです。

既存のアレルギーと同じように自分の体を守ろうと一生懸命に働いた結果、症状が出てしまうのですが、コレ、アレルギーではないんです。医学的には「血管運動性鼻炎」と呼ばれていて、アレルゲンを見出せないものを指すのです。
つまり我々の体は見えない敵と戦っているのです…。

主な原因は、大気の温度差や気圧の微妙な差が刺激となり、鼻の粘膜の血管を広げて粘膜がむくんでしまうことによって、鼻づまりなどのアレルギー症状に似た 症状を引き起こすようです。血圧の低い人の方が鼻の粘膜を一所懸命に広げようとする(もちろん無意識に)らしく、要注意だそうです。
そして寒暖差が7度までは自分の体の中で体温のコントロールがうまくいきますが、それ以上になるとうまく働かなくなります。体温調節を司どる自律神経が影響を受け、睡眠トラブル・食欲不振・疲れやすいなどの症状が起きてきます。
また、体温の調節に実は筋肉の量が密接に関わっていて、男性より女性の方が筋肉量が少ないため、この状態になり易いと言われています。それらが関係するのか、成人女性がかかりやすいのです。
他のアレルギーと同じように、体調を整えておいた方がかかりにくいようです。
水っぽい鼻水が寝ても覚めてもツツーッと出てきて、だんだん熱も上がり、頭痛が始まると全てを放棄したくなる。症状の重さもいろいろで、衣類の調節をしていればいいのではないんですね、これ。以外と厄介です。

御心あたりのある方は是非診療所へ。
耳鼻科がいいようですよ。内科でも見てくれるところはあり、漢方も含め症状に合った薬を処方してもらえます。

ReXg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>