視線・・・。誰かから見られてませんか・・・。嫉み、恨み・・・。

邪視の伝承は世界全体に存在します。悪意を持って相手を睨む、またはただ見ただけで呪われたり汚れると言うのが基本ですが、様々な面から語られている信仰の一つです。地方によっては、「生まれた次の瞬間に蒼い目を見開く赤ん坊」は邪視
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
, ,

謎の集団ヒステリー ペニス・パニック 

下ネタでも、セクシャルな話でもなんでもない。「ペニス・パニック」とは実際に起こる一種のヒステリー状態で、南アジア、東アジア、アフリカで報告されることが多い。症状は「ペニスを盗まれた!!」「ペニスが体に吸い込まれた」など、
passport
,

【旅行】ビザってなんだっけ?? 優遇されている日本

海外旅行の際、必要なのはなんといってもパスポート!! これさえ肌身離さず持っていれば身分証明になるもんね。・・・あれ? 学生ビザとか就労ビザとか言うけれど、あれってなんだっけ??? ハワイに行く時、そんなもの必要なかった
さむと
,

神隠し・・・遠野物語「サムト婆」の伝説は事実だった

「遠野物語」とは岩手県遠野町(現在は遠野市)に伝わる民話を民俗学者であり作家の柳田國男が編集、執筆した書籍である。民話集であるから神様や妖怪も登場していて、「これホント?」の話もあるが、実在した人物も数多く登場する「実話
やたがらす
,

【サッカー】足が3本!? JFAのシンボルのカラスの謎 八咫烏(ヤタガラス)

黄色とブルーの背景色に真っ黒なカラス。日本サッカー協会(JFA)のシンボルマークやエンブレムに描かれているこのカラス、よく見ると足が3本ある!! このカラスは「八咫烏(ヤタガラス)」という名前で、中国の古典では日の神(太
相撲
,

【相撲】まわしがとれたらどうなるの!? 不浄負け

相撲中継を観ていて誰もが一度は思うこと。それは「もし、まわしが取れてしまったらどうなるのだろう・・・」ってやつ。過去にそんな事態が起こっているのか、はたまた、とれてしまった場合、取り組みは続行されるのか? など涌き出る謎
Zodiac-logo
, ,

連続殺人事件の代名詞 ゾディアック事件

1968年、アメリカのサンフランシスコ州で起きた連続殺人事件。映画の題材にもなっている未解決事件なので、名前だけは聞いたことがある読者も多いだろう。犯人は多くの手紙を複数の出版社に送った。差出人は「ゾディアック」。犯人し
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
,

足が8本の謎の生物!! パレスチナ発

2012年9月27日、パレスチナ・ガザ地区で謎の生物が発見されたと動画がネット上にアップされた。足が8本あるというが・・・。動画のタイトルは「Goat With Human Face And 8 Leg」。顔は人間で足は
まらそん
,

当選しやすくなるジンクスがある!? 東京マラソン

毎年3万6000人が参加する東京の大イベント、東京マラソン。2015年は応募者が30万人を超え、過去最高の10.7倍を記録した。「どうにかして当選したい!!」と思う人たちの都市伝説を紹介しよう。申し込みはギリギリが有利説
コーラ
, ,

落ちているジュースは飲んではならない 毒入りコーラ事件

1997年と言えば、外出時の連絡は公衆電話、ドリンクは缶か瓶の時代。東京で公衆電話に放置されていた瓶のコーラを飲んで2人が死亡する事件が連続して起きた。「毒」とは青酸ナトリウムのことで、通称「毒入りコーラ事件」と呼ばれて
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
,

多くの人が目撃していた 分身する女性 エミリー・サジェ

「幽体離脱」という言葉をご存知だろうか。ドッペルゲンガー現象と呼ばれることもある。自分の体から意識が抜け出し、もうひとりの自分が出現する状態だ。自分が「もう1人の」自分を見ていることもあるし、他人が「2人の自分」を目撃し
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
,

20人にひとりは生きていた!? 「早すぎた埋葬」

死亡と診断され(本当は生きているのに)、墓に埋められる恐怖を描いたエドガー・ア・ランポーの小説「早すぎた埋葬」。現代の日本では火葬が一般的だが、世界では宗教的や文化的な見地から土葬する国も多い。棺の中でもがいた形跡。「遺
はんがりー
,

亡霊たちとディナーをご一緒に・・・ クロンベルク旅館

ハンガリーの田舎町の旅館で起きた殺人事件。結果的に13人の人が亡くなったのだが、その13人には殺人犯の夫婦2人も含まれている。10人は宿泊客。残る1人は・・・。生活に困窮した夫妻が思いついたのは・・・時は1919年のこと